リソース

お問合せ

ブロックチェーン即ちインテリジェント契約の開発実践に関するイベントを钱柜娱乐科技は開催


Ethereum技術の興るに伴って、ブロックチェーンはどんどん注目を浴びるようになりました。Ethereumはブロックチェーン技術の一種として、最もの特徴はインテリジェント契約の概念を作り上げました。ビットコインをブロックチェーン1.0とするなら、インテリジェント契約はブロックチェーン2.0時代を運んできたと言えます。その概念でEthereumを用いてコーディングしたり、いかなるものの分散、担保及び取引をしたり、金融業において明るい将来性を持っています。その技術に対してみんな深い興味を示しているが、ブロックチェーンを一つのホットスポット技術として研究するのは多数であります。その新しい技術をどのように既存業務と結びついて、さらにどのようにそれを利用して既存の業務プロセスを改善するか、不明はまだたくさん残っています。

 上記を背景に、近日钱柜娱乐科技IT応用研究院は金融技術向けブロックチェーン即ちインテリジェント契約の開発実践に関するイベントを開催しました。関連企業の技術責任者やエンジニアを数多くさそって、検討及びコミュニケーションを行いました。また、実践応用を通して、ブロックチェーン技術を企業の関連領域に着地するのを推進できました。

 イベントは主に以下四つのテーマを分けました。

1.  ブロックチェーン技術に対する認識及び追跡

2.       钱柜娱乐「Ethereum+インテリジェント契約+dAPP」開発経験の共有

3.       現場で一つのインテリジェント契約を開発した実践で「助け合う保険」ブロックチェーン応用の体験

4.       ブロックチェーンを応用するシーン及び業務切り入り口の検討

イベントに参加した方は各保険会社や金融機構からのCTO、技術総監、技術責任者及びブロックチェーンエンジニアなど計50人あまり、一日間を利用して十分コミュニケーションを行いました。IT応用研究院が構築したEthereumプライベートネットワークを通して開発・試験を擬似して、Ethereum及びインテリジェント契約という技術の価値や具体的な応用シーンに対する認識を深めました。IT応用研究院のブロックチェーンに対する研究へみんな深い興味を示しました。

今回のイベントを成功に開催できたのは、钱柜娱乐科技がブロックチェーン技術に対して自分なりの認識と対策を持っているためです。钱柜娱乐科技IT応用研究院は一貫として企業応用を自分の研究方向としてきているので、ブロックチェーンが持ってきた影響に対して、技術の視角だけではなく業務角度の研究も行っています。技術面から見れば、ブロックチェーン関連技術は情報化システム開発の構成を変えていると言えますが、分散化及び集中化という2種類の構成モードが今後の長期にわたって共存していくでしょう。業務改善の面から考察する場合更なる複雑です。業務応用へのお客様のご認識を深めるために、IT研究院は下記の措置を実施しています。

1.       ブロックチェーン研究チームを設立して、弊社自分なりの知識・経験を蓄えています。

2.       技術が先進している国内外の各方面と緊密なコミュニケーションや協力を保っていて、応用シーンの各可能性を検討していきます。

3.       ブロックチェーン技術研究チームはBitcoinEthereumHyperLedgerなどのオーペンプラットフォームに対して深い研究を行い、それらのプラットフォームに基づいて利用可能なモジュールを開発しました。

4.       ブロックチェーン技術の追跡と研究について、保険業のお客様の幹部層・技術キーマンと提携を展開しました。

钱柜娱乐科技IT応用研究院は今後も本技術の研究や応用を推進し続きます。顧客のニーズを最終目的として、提携と協力を深め、ブロックチェーン即ちインテリジェント契約技術の金融業への着地と応用を着実に推進していきます。