情報セキュリティポリシー


日本钱柜娱乐テクノロジー株式会社(以下、「当社」という)は、ソフトウエア開発、運用業務の受託等の情報処理サービスをお客様に提供しており、事業活動において利用される情報資産を適切に保護することを、重要な経営課題と位置づけております。情報漏えいリスクに対し、効果的な対策を講じ、その効果を常に評価し、管理レベルを高い位置に保つことを、恒常的に行っていきます。

そのため、情報セキュリティ維持を企業の基本的な文化とする目的で、その方針を明文化した「情報セキュリティポリシー」を策定し、実践することを宣言します。

1.   当社は、情報セキュリティ管理体制を構築します、当社が保有する全ての情報資産の保護に努め、契約に基づく情報セキュリティ義務のみならず、法令その他の規範を遵守することにより、社会からの信頼を常に得られるよう、確実な情報セキュリティ管理体制を構築していきます。
 
2.   当社は、本ポリシーに従い、社内規定を整備し、それを実施します。社内に「情報セキュリティ管理責任者」を設置するとともに、情報セキュリティ委員会を組織します。これにより全社レベルの情報セキュリティの状況を正確に把握し、必要な対策を迅速に実施できるよう積極的な活動を行います。また、本ポリシーに基づいた情報資産の管理及び運用に関する内部規程を整備し、個人情報だけではなく、情報資産全般の取扱いについて明確な方針を示すとともに、情報漏えい等に対しては、厳しい態度で臨むことを社内外に周知徹底します。
 
3.   当社は、情報セキュリティの確保に必要な教育を実施します。従業員およびパートナ会社要員に対し、本ポリシーを遵守するために必要な教育および指導を行います。
 
4.   当社は、組織的・技術的な施策を講じることにより、情報セキュリティを確保するように努めます。情報資産に対する不正な侵入、漏えい、改ざん、紛失・盗難、破壊、利用妨害などが発生しないように努めます。対策としては高セキュリティエリアでの作業、DBアクセス権の制限等、データへのアクセスを徹底的にコントロールする考え方で臨みます。
 
5.   当社は、万一情報資産にセキュリティ上の問題が発生しても、その原因を迅速に究明し、その被害を最小限に止めるよう努め、再発防止策の検討・実施を行います。
 
6.   当社は、情報セキュリティに関係する法令、社会的規範、ならびに取引先等との契約事項を遵守します。
 
7.   当社は、当社の知的財産権の活用と保護、第三者の知的財産権の尊重および知的財産権の侵害に関する適切な措置を実施し、その権利の保全に努めます。
 
8.   当社は、以上の活動を、管理レベルの向上と事故発生の防止の観点で、継続的に見直し、改善に努めます。

2015年8月28日
日本钱柜娱乐テクノロジー株式会社